×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

CB400Fカフェレーサーならまずシートから情報!

CB400Fカフェレーサーならまずシートから

カテゴリー :CB400F シート

言わずと知れた昭和の名車『CB400F』。
 国内唯一の中型4気筒エンジンを搭載し、日本に「カフェレーサースタイル」を根付かせた立役者でもあります。
 タンクの色は当然ながらハンドルまでコンチネンタルハンドルを選べたわけですからHONDAのCB400F、そしてCB400F以降のバイク作りの方向性から生まれた部分も無きにしもあらずといったところでしょうか。
 当時のバイク雑誌のCB400F記事はほとんどカフェレーサースタイルだったといいます。
 元々カフェレーサーは実際のレースで走るマシンのようにバイクをカスタムしました。なのでシートは一人乗り、ハンドルは低くして、それに合わせて足元のステップは通常の位置より後ろに下げていました。
 CB400Fは最初からシート以外の全てが揃っているわけです。あとは、シングルシートにしてタンクを長くするだけで完璧なカフェレーサースタイルになります。
 細かい部分だとシートの後方はシートカウルを装着したり、タンクやシートを落ち着いた色や素材に換えたりするともっと雰囲気が出るはずです。
 そして、ハンドルをセパハンにして前傾姿勢のあのスタイルは、より一層レーサーバイクに乗っているような気分にさせてくれますよね。

コラム > CB400Fカフェレーサーならまずシートからについて書かれています。

パーツによって変わるCB400Fのこだわり

カテゴリー :CB400F パーツ

CB400Fのベストコンディションを保つためには様々なパーツが必要です!また一つ一つのパーツもメーカーによっても違います。

CB400Fのオーナーの方だと、まず最初に、マフラー交換をされる方が一番多いと思います。
やはり、あの走り出したときの音に、そのこだわりを持っている方がたくさんいらっしゃいますからね。

また、CB400Fにもマフラーには色々な種類がありますが、ヨシムラの手曲げのマフラーが有名ですよね。その次には、有名モリワキマフラーではないでしょうか?
他にもCB400Fのオーナー以外でも集合マフラーに対する憧れは特に強く、ホンダで言えばCB系、カワサキで言えばZ系のバイクを乗られていた方の間では、ヨシムラやモリワキの集合サウンドを響かせて飛ばすのが一種のステータスと言っても過言ではありませんでしたよね。2サイクルのGTやマッハ用のパーツのチャンバーマフラーに”集合チャンバー”までが存在したほどですから、CB400Fマニアの、集合マフラーへの憧れと熱気がひしひしと感じられますね。
ただ、当時はバイクを改造するのが違法とされ、マフラーなどを社外パーツと取り換える走り屋の方々は暴走族だとまで言われていました。
現在ではパーツを付け替えるのが当たり前の世の中になっていますから幸せですね!

コラム > パーツによって変わるCB400Fのこだわりについて書かれています。

CB400F曲線美シートでカフェレーサー演出

カテゴリー :CB400F シート

原付のCD50やHONDAのドリームが『カフェレーサースタイル』っぽいと思いますが、あなたはどう思いますか?
 日本で昔大流行し、今となってはカスタム、スタイルの一つの主流とも言える位置まで来たカフェレーサースタイル。
 国内でいち早くその流れを取り入れたのがCB400Fだと言われています。また、国内で唯一の中型4気筒エンジンを搭載したバイクもCB400Fです。
 当時CB400Fを取材したバイク雑誌の記事はほとんど「CB400Fのフォルムはカフェレーサースタイルに近い」という内容だったといいます。
 元々カフェレーサーはイギリスやヨーロッパの辺りで、実際のレースで走るマシンのようにバイクをカスタムしてカフェに持ち寄ったことから発祥したと言われています。
 ロングガソリンタンクにショートのシートにローハンドル、シートカウル。
 いかにも空気抵抗を意識したレース仕様がそのままスマートで曲線美あふれるスタイルになりました。
 そのためCB400Fのカスタムにおいてもシングルシートか波打つような丸っこいシート、シートカウルにロングタンクというカフェレーサーな部分を活かした仕様が目立ちます。
 スタイルが元々近いだけに、それが一番無難とも言えるでしょうね!

コラム > CB400F曲線美シートでカフェレーサー演出について書かれています。